背中

肋間神経痛の痛む場所は?胸が刺す?背中?脇腹が痛い?

更新日:

肋間神経痛を訴える人の多くは、左の胸や脇腹に症状が表れています。

神経痛の痛みは広範囲に響くために心臓疾患を疑い焦る人もいますが、心臓疾患で強い痛みがあるのはたくさんあり強い痛みが5分以上続くと心臓疾患である事が疑われます。

今回は肋間神経痛で痛みが表れる場所と間違えられやすい病を含めてお話をしていきます。

 

肋間神経痛の痛む場所:胸が刺されるように痛い

肋間神経痛は神経の刺激により痛みが発生するので、痛みが表れては消えるを繰り返したり、チクチクしてその後は平気であったり、時間が経つとまた痛むようになります。

坐骨神経痛の場合には、歩いたり座るとツーンとした痛みが下半身に表れてモヤモヤする事もありますが肋間神経痛の場合には持続性はなく、何度が繰り返すのが特徴です。

スポンサーリンク

間違えやすい心臓神経痛

特に心臓には問題がないのに、動悸や胸痛、呼吸困難があり症状は長時間で何度も繰り返します。

ストレスや過労、喫煙やカフェインの摂りすぎなどが原因で『チクチク』や『ピリピリ』した痛みがあり安静にしていても治らずに眠れない・休めない状態に陥ります。肋間神経痛との違いは、痛みが起こる・起こっている時間です。

心臓ではなく心の病から引き起こされますが、肋間神経痛では無さそうだなと感じたら循環器内科を受診して、ストレスの度合いによっては心療内科でメンタルケアを受けましょう。

狭心症・心筋梗塞

左の胸の辺りが痛むと多くの人は、心筋梗塞や狭心症ではないかと不安になります。

心臓に血液を送る冠動脈が狭くなり酸欠状態になるので、胸の痛みより肩に重石が乗ったようになり上半身に圧迫感が表れます。

心臓を絞るような痛みが5分以上続くので、肋間神経痛とは区別しやすいもの。胸の痛みが5分以上続く・体が重いなら循環器内科を早く受診してください。

スポンサーリンク

背中が痛む肋間神経痛

背伸びをしたり腕を回すと、肩甲骨あたりにズキンとした痛みを感じる人も少なくありません。肋間神経は背骨の頸骨辺りから背中を通って肋骨の間を走ります。

胸の肋間神経が圧迫されれば胸だけに痛みがあり、背骨側の肋間神経が圧迫されると背中が痛むようになります。背中から肋骨にかけて走る神経が圧迫されていると考えて良いでしょう。

この場合は、肩こりや背中の筋肉のハリも肋間神経痛を強くする要因です。温めたりほぐして、痛みを和らげてみてください。

肋間神経痛の痛む場所:脇腹から鳩尾にかけて痛い

肋間神経痛は第4肋骨から第8肋骨辺りに痛みがありますが、神経の通りから脇下の指4本下くらいの部分が痛くなると考えられます。

この脇腹に関しては、肋間神経痛だけでなく帯状疱疹の初期症状にも似ていて痛みの後から帯状に湿疹や水疱が表れます。帯状疱疹はヘルペスウィルスが原因で起きますが、発端になるのは過労やストレスです。

桂歌丸さんや中森明菜さん、雅子妃殿下等が過労やストレスから帯状疱疹を発症しています。

見た目に帯状の水疱や発疹が表れ、かゆみや痛みを引き起こすので皮膚に異常が出たら皮膚科を受診してください。基本は内科でも構いませんが、酷い人は衣類で摩れただけで激痛が走るようになるので皮膚科の方が良いでしょう。

どこが痛くても肋間神経痛

痛む部位がどこでも、肋間神経痛である事には変わりはありませんので繰り返したり、日常生活に支障がでるのであればしっかりと改善する必要があります。

軽度なら湿布で痛みを抑えられますが、繰り返すような肋間神経痛の場合には体に掛かる負荷を軽くする為に整体や鍼灸を利用したり、メンタルケアを含めた『ストレスケア』を考えていきましょう。

まとめ

病気ではない為に、肋間神経痛を起こしたことのない人には『大したことがない』と思われますが、当人にすれば痛みがいつやってくるか気が気でなく疲労もストレスも蓄積されます。

概ね上半身に表れるのですが、体の歪みが酷いと肋間神経痛と坐骨神経痛をいったりきたりする人もいますから、どちらにしても早くに治療を考えてください。

-背中

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.