治療

肋間神経痛の治療を行うには、何科を診察すれば良いの?

更新日:

肋間神経痛の場合、骨や内臓に問題が特にないので診察に訪れる病院で「何科に行けば良いのか解らない」との声を聞きます。

肋間神経痛であれば、整形外科に行くのが一番ですが、他に原因がある場合には別の診療科にいく必要もあるのです。

 

肋間神経痛は何科を受診する?

総合的な診察を行える大病院では問診票に書き込むと、どの科に診察をすれば良いのかを判断してもらえます。

明らかに肋間神経痛である場合には、整形外科が一番良いですし、場合によっては麻酔外科での診察を行います。専門的な医師でなければ、細かな治療は難しいので先ずは大きな病院で診察するのが一番です。

スポンサーリンク

肋間神経痛は、整形外科での診察

一般的に整形外科では、運動や事故による骨の怪我や病気や脊髄、筋肉、筋骨の治療を行います。

肋間神経痛の場合、肋間神経が骨や筋肉により刺激されている事が多くなりますから、整形外科では理学療法を行います。神経の障りをとるために、コルセットを使い固定したり、温熱療法やストレッチによる物理的な療法です。

 

場合によっては、薬や湿布も出してくれますが痛みが起こらないように体を戻していく事をメインに治療を行うので一番有効な治療です。痛みが酷く動けない程になれば、神経ブロックや点滴で神経の炎症を抑えていきます。

トータル的な治療を行えるので、整形外科で治療を行う人が殆どです。

 

肋間神経痛の治療の流れ

先ずは肋骨に沿って痛みがある事を確認したら脊椎の以上を調べる為にレントゲン等の検査を行います。

激痛が現れているようであれば、内科の病気を疑うので整形外科から内科での診察を勧められる事もあります。

 

血液検査や心電図、レントゲンにより典型的な肋間神経痛であると判明すれば、整形外科での治療になりますが心臓疾患や胃腸疾患がある場合には、内科でその疾患の治療を行っていきます。

血液検査でヘルペスウイルスが確認されれば、帯状疱疹となるので皮膚科及び心療内科での治療も視野に入れます。

スポンサーリンク

肋間神経痛は原因により診療する科が変わります

神経や骨の異常は整形外科ですが、ストレスによる肋間神経痛の場合には、心療内科でカウンセリングを行ったり薬を処方される事もあるようです。

肋間神経痛と帯状疱疹も密接な関係があり、どちらも極度なストレスが関係しています。酷くなれば、肋間神経痛と帯状疱疹にうつを発症する場合もあるので、

肋間神経痛と共に不眠や不安、イライラがあるようなら診察を受けている病院で相談してみましょう。

 

まとめ

痛みだけなら整形外科や麻酔内科が適していますが、ストレスが強く痛み以外にも症状があるとなると、素人判断では難しくなります。

大きな病院であれば、心因性な面も含めて問診で適した科を紹介してもらえます。

基本的には整形外科・麻酔外科なのですが、原因が特定出来なかったり複雑な場合には大病院で一度診察を受けてください。又は、整形外科と内科を併設しているようであれば安心ですので自己判断が難しいのであれば大きな病院を利用してください。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.