治療

肋間神経痛の治療とは?ストレスを改善すると治るのか?

更新日:

年々増えている肋間神経痛で苦しむ人達は、根本的な原因や治療が無いことに苛立ちを感じていると思います。

正直、医者でもハッキリとした原因も特定出来ないのですから素人が何をやっても改善する事は出来ません。また肋間神経痛の原因が複合的であるために『私はこれで改善した』と言われても万人に効果があるとは言えないのです。

今回はその肋間神経痛の治療について、色んな面から考えていきましょう。

スポンサーリンク

肋間神経痛の治療の前に、肋間神経痛とは何なのか

一般的に、肋骨回りに走る神経が圧迫を受けると起きる神経痛の総称です。

筋肉の疲労から、神経がストレスを感じてしまうことが主な原因で、肋間神経自体が上半身の筋肉を支配する為に、呼吸や咳により内圧を昇降させるので起きやすくなります。

肋骨は呼吸で動くので、筋肉に引っ張られると痛みが出やすいのです。上半身の動きだけでなく、歩くことで響いたりする事もあるので本当にやっかいな症状です。

肋間神経痛の治療はストレスを改善すると治るのか?

神経の圧迫は歪みや緊張から起きてしまいます。そもそも誰もが大なり小なりストレスを感じながら生きています。

ストレスを感じない人の方が少ないのですが、このストレスの原因は心因的なものだけでなく外的なものを加えると知らずに色んなストレスを抱えていることが分かります。

 

仕事や勉強、人間関係、大気汚染やアレルギーもストレスの原因です。何が引き金になって肋間神経痛になるかは、誰にも分かりませんし『突然表れる』ものですから困ります。

今までは中年層に多かった肋間神経痛が、若者にも増えていることから『ストレスから起きる』事が一番の原因と考えられるようになりました。

治療法としては、ストレスを溜めない事とできる限り取り去る事が基本になります。それではどの様な治療が有効で、日常生活を過ごすことが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

肋間神経痛の治療について

ストレス性のものは、ストレスの原因となる歪みや緊張を取り去り、繰り返さないようにすることが有効です。

帯状疱疹と併発して起こることもあり、やはり引き金は疲労やストレスがウィルスを活発にしてしまうとも考えられます。

 

色んな原因をトータルで考えると、心因的なストレスと肉体的なストレスが重なる事で症状が表れ、蓄積すると長引く・繰り返すようでもあります。

そうなると西洋医学的には、根本的な治療は痛みの軽減だけで東洋医学の面から治療を行うのが適しているのではないかとも思えます。

鍼灸や整体

鍼灸の場合は、痛みがハッキリと出ている神経を機転として『どこから痛みが来ているのか』を探りながら体全体の調子を取り戻す事で痛みを軽減し繰り返さないようにしていきます。

整体も同じ様に、骨と筋肉のバランスを整えて『体に働きかける』治療と考えて良いでしょう。

ヨガ

最近は『ホットヨガ』と言って、室温の高い部屋でヨガを行うことで、全身の筋肉をしなやかに動かし心と体のバランスを整えるヨガがブームです。

ダイエットで注目されていますが、ヨガは私達が本来持っている体幹に働きかけ、歪みや筋肉を修正する力を取り戻し、代謝リズムの安定やリラックス効果が認められています。

ヨガでは呼吸を非常に大切にし、ゆるめる・緊張させるを繰り返す事で全身のストレスも解消できます。

 

このヨガが肋間神経痛の改善に効果があるのかは立証されてはいませんが、呼吸を意識する事で全身を意識し全ての器官に働きかけといけるという意味では『ストレスを解消して根本の痛みを起こさないようにする』良い治療となるのではないかと考えます。

まとめ

現在では、痛みを取る事が治療と考えられていますが肋間神経痛は痛みだけを取り去っても意味がないのではないかと思います。

痛みを感じさせてしまう、何かを取り去る事が本当に肋間神経痛の治療なのか考えていくべきではないでしょうか。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.