治療

肋間神経痛にソラナックスは効くのか?必ず処方される?

更新日:

肋間神経痛の治療には、主に湿布や鎮痛剤等が用いられますが、ストレス性の肋間神経痛の場合には抗うつ薬や精神安定剤が処方されます。

ソラナックスは、神経内科でも良く処方される精神安定剤で、副作用も少なく非常に安定のある薬です。

実際に、ソラナックスを飲んで肋間神経痛が治まった人もいるのですが精神安定剤がどうして肋間神経痛に効果をもたらすのでしょうか。

スポンサーリンク

ソラナックスとはどんな薬でしょう

ソラナックスは抗不安剤で、精神安定剤として不眠やうつの薬として処方されます。

精神安定剤と聞くと、精神的な不安を取り去る効果のある薬と思われますが、抗不安薬には催眠作用や筋弛緩作用、抗けいれん作用のある成分が含まれているので、心だけでなく身体の緊張を取り去る役目もあります。

 

ソラナックスは、抗不安作用が高く弛緩作用が強くないので『めまいやふらつき』の少ない優れた薬として多くの人に利用されているのです。

個人差はありますが、肋間神経痛にも効果が期待出来ます。

バランスのよい抗不安薬なので、服用しても副作用もなく依存性も少ないと言われています。副作用がない分、多くの人が利用しているので安心ですが、必要以上に服用すると飲みすぎてしまう事も考えられます。

医師から処方された場合には、必要な分のみ服用するようにすれば肋間神経痛の治療にも期待が高まります。

ソラナックスが処方される肋間神経痛

基本的には心身症等の、睡眠障害や不安、緊張、抑うつに使用されます。心身症は精神的な病を言いますから、身体の不調とは関係ないと思われがちです。

例えば、ストレスや不安から眠れなくなったり、高血圧になる、胃腸の調子が悪くなるのは心身症によるものです。肋間神経痛の原因も、ストレスにより不眠や疲労が蓄積され筋肉がこるようならソラナックスで効果が出るのです。

 

誰もがストレスを感じると不安になりますし、痛みが続くと不安感も強くなります。この様な状態が続き、身体の緊張がとけないと痛みが増幅されて日常生活が送れなくなります。

ソラナックスには筋肉の緊張をほぐす成分もあるので、コリ固まった身体をリラックスしてくれるのです。

ソラナックスが必要と医師が判断すれば処方されるので、診察の折りには問診でしっかりと症状以外の不安などを話しておきましょう。

スポンサーリンク

ソラナックスは肋間神経痛の人には必ず処方される?

副作用の少ない抗不安剤ですが、肋間神経痛の人全てに処方されるわけではありません。

ストレスが原因と診断されると、ソラナックスを始めとした抗不安剤が処方されます。安定した効果が望めるので、初めて飲む人にも安心なので初期の治療に用いられる事が多くなります。

内服してから効果が表れるまでも素早く、長時間持続するので痛みで日常生活が上手く送れなくなるような人には最適です。

抗不安薬には色々種類があるのですが、肋間神経痛の治療に使われるのはソラナックスが多いようです。

 

精神的な不安を取り去る効果より、筋肉の緊張をほぐしながら気持ちをリラックスさせる効果が高く依存性が低いことが挙げられるからです。

肋間神経痛で抗不安薬を処方されると、『もしかしてうつ病かも知れない』と思われるかも知れませんが、強いストレスが肋骨筋を緊張させて神経障害を起こしているのであればしっかりした効果を得られるのです。

まとめ

不眠や肩こり、緊張感が続く原因はストレスによるものです。

心が緊張すると、不安感が強くなり身体が同時に緊張してしまいます。この事が肋間神経を圧迫して痛みへと繋がるので、なんとしても改善したいもの。薬に頼ることを好まない人もいますが、

ソラナックスを飲むことで辛かった痛みを楽に出来るなら利用しないてはありません。

あくまでも医師が必要と診断した時のみに処方となるので、気になる人は心療内科を受診してみましょう。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.