症状

肋間神経痛と痛くて辛い帯状疱疹の関係は?神経痛がカギ!

更新日:

多くの帯状疱疹等は更年期後の女性や、50代以降の中年に起こる皮膚疾患です。

そもそもは水疱瘡ウィルスという小さなヘルペスウィルスが疲労や病気が引き金になり神経と皮膚を刺激して起こるのです。

特徴として、身体の左右のどちらかの皮膚に痛みを感じ水疱や発疹が帯のように出来てしまいます。

この帯状疱疹から、肋間神経痛を引き起こし長期間痛みと付き合わなくてはならない事もあるので肋間神経痛を理解するには帯状疱疹についても理解しておく必要があるのです。

スポンサーリンク

帯状疱疹とは?

身体の片側に強い痛みがあり、帯状の発疹や赤みが始まり、水ぶくれが広がるのが帯状疱疹です。早期に治療をすれば、炎症も抑えられますが、悪化すると顔面麻痺の合併症も起こしてしまう軽くは考えられない症状なのです。

皇太子妃殿下雅子さまも長く苦しまれた帯状疱疹は、ストレスや過労から発症しやすくヘルペスウィルスが神経に与える影響も強いので、しっかりと治療を行わないと肋間神経痛を患うことにもなりかねません。

水疱瘡は幼少に発症する感染症ですが、一度治ってもウィルスが体内に留まり免疫低下により活動を開始します。神経の流れに沿って、皮膚が炎症を起こす為に帯のように皮膚に赤く発疹が表れます。

帯状疱疹は皮膚疾患

皮膚に赤く発疹が広がり、痛みがあるので受診すべきは皮膚科です。

肋間神経痛は整形外科で治療を行う事が多いのですが、帯状疱疹自体は皮膚病のひとつですから皮膚科で治療を行うのが正解なのです。

皮膚に発疹が広がる前には、肋間神経痛が先に現れることもある為に治療が遅れてしまうと『帯状疱疹後神経痛』が残り、発疹が引いた後もその部分に沿った神経がビリビリと痛むことがあります。

 

この帯状疱疹後神経痛は、長期間痛みが治まらず高齢になればなる程に長く痛みが残ります。神経節に、ウィルスが残っている為に起きるのですが、この神経痛の根元が背中にある為に肋間神経痛としても現れやすく『帯状疱疹後神経痛』として肋間神経痛に悩む人も増えているのです。

スポンサーリンク

帯状疱疹の治療

水疱瘡ウィルスにより痛みや発疹が現れるのですが、治療は鎮痛剤やステロイド剤、抗うつ薬や抗てんかん薬、血管拡張剤等が臨機応変に用いられます。

肋間神経痛のように原因が不明であるものではなく、水疱瘡ウィルスによるものと特定される帯状疱疹の場合は、神経伝達物質が細胞に取り込まれないように制御したりすることで鎮痛効果のある『神経障害性疼痛治療薬』が用いられるのです。

発症の原因が、加齢やストレスからくる免疫力の低下である為にこのような薬剤が使用されていますが、肋間神経痛の場合には主たる原因が不透明な為にこのような、抗うつ薬や抗てんかん薬が用いられる事は少ないようです。

肋間神経痛と帯状疱疹の関係

どちらも神経の根元に何等かの障害が起こる事で起きる神経痛を伴い、皮膚に発疹が現れるか現れないかの違いが大きな特徴です。

通常の肋間神経痛はストレスや不自然な姿勢、筋肉疲労等が原因ですが、帯状疱疹はウィルスが引き金になり起きてしまい神経節の中に潜伏する為に神経細胞の中でウィルスが増殖し肋間神経痛が発症すると考えられています。

 

帯状疱疹を発症すると、体力が奪われ免疫力の低下が著しくなるために身体のバランスが崩れやすく痛みが強く現れてしまいます。

この様な場合には、薬剤や湿布だけでなく鍼灸治療により体力低下の改善や筋肉のハリを取り去る全身治療が効果的と考えられているのです。

まとめ

帯状疱疹で皮膚科を受診し、皮膚の症状が改善されても肋間神経痛が治らない、又は肋間神経痛になってしまった場合には全身のバランスを整えていく事が大切です。

薬剤で痛みが取りきれないような肋間神経痛が続くのであれば、鍼灸治療で断続的な痛みを取り去るのも良い方法と考えて良いでしょう。

-症状

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.