原因

肋間神経痛の痛みの種類・特徴・引き金となる行動とは?

更新日:

神経が何らかで圧迫されるので、人により痛みの感じかたも異なります。

場所も違えば痛みも違う為に非常に解りにくいのが、治りにくい原因の1つとなるのです。どちらにしても、肋骨を中心に体を一周した部分に痛みが現れますので「あれ?」と感じたら肋間神経痛を疑いましょう。

 

肋間神経痛の痛みの種類

症状は肋間神経が走る背中から肋骨にかけての広範囲であるので、心臓などの病気と混同されやすくなります。何もしていなくても、チクリやビキッと来る場合もあれば、体を捩ったり風邪の咳やくしゃみや深呼吸、就寝時である事もあります。

筋肉が動く事で、神経が圧迫され痛みを誘発するので大体は突発性であり治ってはまた痛む事もあります。中には慢性化してしまい、疲労を感じた時やストレスを感じると痛みが現れてしまい「眠れない」「不安」を抱えてしまいます。

重症になると「今日は何時痛くなるのだろう」とビクビクしながら1日を過ごす人もいるので精神的に参ってしまう事も多いのです。

スポンサーリンク

肋間神経痛の痛みの特徴と現れ方

肋間神経が通る部分にダイレクトに起きる場合、または筋肉を通じて筋膜がつるように痛いなど感じ方は様々です。なので「激痛」と感じる人もいれば「針で刺されたように痛い」と特定出来ないのも肋間神経痛の困ったところです。

肩こりのように「重い」「だるい」等の前触れはまったくなく、いきなり起きてしまうので1度経験すると「泣きたくなる」ぐらいに不快感を持ってしまう人もいるのです。

 

肋間神経痛の痛みの引き金になる行動

いきなりやってくる肋間神経痛ですが、やはり引き金になる動きや行動はあるようで首から肋間神経が肋骨に走る事から、首を動かす事が肋間神経を刺激してしまい筋肉が収縮して血行の悪い部分やこりかたまっている部分に痛みが出るようです。

肩こりが酷いと、背中まで重く感じるものですが、これが高じて脇腹や胸の神経を刺激してしまうこともあります。

 

特に背中の痛みは、肩こりや背中のこりと間違えられやすいので冷湿布を貼って悪化する事もあります。

面倒な事に、痛みがある場所を抑えると痛みがあるので「打撲」「こり」と間違えてしまい本来は温めて血行を良くしなくてはいけない筈なのに、冷やす事で痛みを増幅してしまう人もいます。

 

継続して痛いのか、単発的に痛いのかでこりや打撲痛との判断をする事も大切ですが「どのような姿勢」「何をした時に痛かったか」を覚えておくと肋間神経痛であるのか、違うのかの判断材料にもあります。

肋間神経痛であれば温めると痛みも治まるので、先ずは落ち着く事が大切になるのです。

 

おわりに

動きや姿勢でつるように痛んだり、体の奥からなんだか痛い。このような痛みは概ね肋間神経痛と考えて良いと思います。

痛みが長時間続くのは、肋間神経ではない病気によるものである可能性も捨てきれませんので、続くようなら早めに病院で診察を受けて検査で原因をつきとめておきましょう。

痛みがストレスになり、肋間神経痛を悪化させている事もありますので、原因をしっかりと明確にしておく事が大切なのです。

-原因

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.