原因

肋間神経痛は首筋の痛みから?ストレートネックから?

更新日:

最近は肩がこると思ったら、首筋まで痛い。そうしている内に肋骨に痛みが走るようになった。そんな覚えはありませんか?

便利なデジタル時代になり、パソコンだけでなくタブレットにスマホ等を利用して仕事をする人も増えてきました。

 

簡単にインターネットをどこでも楽しめるのは良いことですが、長時間同じ姿勢でいることでうつ向き姿勢になる事が多くなります。

この姿勢が首に大きな負担を与えてしまい、更には肋間神経痛の原因となる事も最近では分かってきました。首を酷使すると、どうして関係なさそうな肋間神経が痛むのでしょうか。

スポンサーリンク

肋間神経痛を引き起こす首は重い頭を支える大切な場所

人間の頭は体重の約10%にあたるので、体重が50kgだと頭は5kgとなります。大体ペットボトルが10本と聞けば『重い』事もお分かりでしょう。そんな重い頭は、背骨の上になる頚椎が支えています。

首はユルいカーブを描き、重い頭の付加を分散し背骨に力をかけないようになっているのですが、姿勢が崩れてしまうと、首は前に肩は後ろ、お腹はせりだし骨盤が後ろ、股関節は前と言うように非常に不安定な骨格になります。

 

頭の重心が前にいくと、首や肩に力が入り背骨にも負荷がかかるので足腰にも影響を与えることになるのです。

パソコン業務で、首の角度が傾斜すると首への負担は頭の2倍近くに、スマホやタブレット操作では約4倍から6倍程の重さが首から肩にかけて強くなります。

前に倒れる首を安定させる為に、筋肉が緊張するとバランスを取るために背中が後ろに傾いていきます。

 

そうなると座っていながら猫背になり、その背中を支える為に骨盤がどんどん前に出てしまうのです。この様な姿勢を続けると、真っ直ぐ立った時に猫背が更に悪化するので首は1日中重い頭のバランスを取るために働かなくてはいけません。

筋肉は自己復元力があるので、多少は偏った使い方をしても元に戻るのですが、長時間同じ筋肉を疲労させてしまうと偏った筋肉の動きに合わせて歪んでしまうのです。

スポンサーリンク

首も神経痛になる

鎖骨の窪みに指を入れて押すと、軽い痛みがあります。ここを押さえながら、腕を動かすと筋肉が動くのが分かる筈です。

首からは末梢神経が腕や肋骨に延びているのですが、筋肉は肩から背中とも連動しています。肩こりが酷いと、肩甲骨付近まで痛んだり肩甲骨を伸ばすと肩から首が伸びたりします。

 

首の骨が歪んでしまうと、首から肩の筋肉も同時に偏った動きをするようになります。首から肩、肩甲骨は筋肉が連動して動き、肋間神経は首の頚椎から延びています。

首に弊害があれば、肋間神経の入り口に当たる部分が圧迫されてしまうので、肋骨付近に問題がなくても痛みが起きてしまいます。

首が肋間神経痛の原因と言われても、ピンとこないと思いますが肋間神経の問題だけでなく、首の歪みは身体全体の歪みになり、筋肉も偏らせ血行を悪くしてあちこちに色んな不具合をもたらすことになるのです。

ストレートネックから肋間神経痛に

スマホやタブレット、パソコンを長時間使用する事で首の骨が変形して真っ直ぐになるのがストレートネックです。

骨は長い期間負荷をかけると歪むように、首の骨も変形して周りの筋肉も首を支える為に偏り固まります。首を後ろに倒すと激痛が走り、背中や肩甲骨までビリビリと痛みが走るのです。

この歪みを治さないと、末梢神経の入り口が筋肉で圧迫されてしまい、肋間神経を刺激する事にもなるのです。

ストレートネックを改善する事で肋間神経痛がなくなった人もたくさんいます。また首の歪みが改善されると、肩こりや背中のこりもスッキリする場合もあります。

まとめ

歪みは背骨だけでなく、骨全体に広がるもの。

慢性的に首や肩のこりが取れない、首を動かすと肋間神経痛が起きてしまうようであれば、首のストレッチで筋肉を柔軟にして肋間神経痛を改善していきましょう。

スマホやパソコンは便利なものですが、時には休憩をしながら首を回したり伸ばしてあげる事も大切なのです。

-原因

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.