治療

肋間神経痛に効く薬は?ロキソニンの一般薬と湿布薬の違い

更新日:

神経痛の一種である肋間神経痛には、市販の鎮痛剤では一時的な痛みを抑えるだけなので「やはり病院に行くしかない」と溜め息をついてしまうようです。

悪化すれば、いてもたってもいられない痛みがやってきますから、早めに病院で診察を受けて適切な治療を行いましょう。病院でも鎮痛剤や湿布等が処方されますが、全ての人に処方されるわけではないようです。

どのような薬が肋間神経に効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

肋間神経痛で使われる一般的な薬

痛みの強い場合には鎮痛剤で痛みを軽減していきます。

病院では主にロキソニンかボルタレンが処方されます。どちらも痛みや炎症を抑えるので、辛い痛みから早くに解放されるものです。

 

ロキソニンの特徴

最近ではドラックストアでも手に入れられるようになり、生理痛や頭痛薬としても購入出来ます。

ロキソニンは効き目が早くに現れるので、鎮痛剤として医師が処方する薬としてポヒュラーです。胃腸の弱い人は、食後等に飲むと胃痛などの副作用も少ないようです。

 

ボルタレンの特徴

ボルタレンはロキソニンよりも鎮痛効果が高いのですが、その分眠気や胃痛といった副作用も高くなります。

即効性では非常に高い効果が現れますが、長期の服用は負担となるために最近ではロキソニンで効果が弱い場合には処方されるようです。

鎮痛剤としては「ロキソニン」を処方する医師が多く、鎮痛剤として安定して効果が現れ副作用が少ない事が肋間神経痛のような痛みを軽減するのには向いているようです。

 

神経障害には、リリカカプセル

ロキソニンやボルタレンは「痛みを抑える」鎮痛剤です。

鎮痛剤は痛みの信号をブロックする為のものですから、神経以外の痛み(頭痛・生理痛等)のようなものに効果が現れます。

椎間板ヘルニア、脊柱管搾取のように骨が神経を圧迫している「神経障害」に非常に効果があります。肋間神経痛の原因が「神経障害」と診断された場合には、鎮痛剤と同時に処方される事もあります。

神経を麻痺させる事で痛みを抑えますが、副作用が強い為に最近では処方される事は少なくなりました。

スポンサーリンク

肋間神経痛の湿布薬について

鎮痛剤を飲むほどの痛みでない場合には、湿布薬が出されます。

肋間神経痛の原因がハッキリしない限りは、下手に薬を飲むよりも湿布で炎症を抑えると考えるからです。

肋間神経痛の場合は、筋肉が凝り固まる事からも起きるので「温湿布」で血行を促せば筋肉も柔らかくなり痛みも治まります。無理な動きで、筋肉が収縮してしまった時には弛緩させて回りを柔らかくすることが大切だからです。

湿布は鎮痛剤ではないので、筋肉の収縮やハリにより肋間神経痛が起きる人には効果的ですが心因性や別の原因であると効果は薄くなります。

 

まとめ

上記にあげたような鎮痛剤は市販でも購入できるものもありますし、温湿布を選べば治まる人もいます。

ただ、一時的に治っても、繰り返すようであれば「心因性か体の歪みなど何か原因がある」と考えてよいものです。自分で解決出来るものは良いのですが、解決できない事はきちんと診察を受けるべき。

素人判断での薬は危険ですし、肋間神経痛といえど辛いものは辛いはずです。きちんと診察を受けて、自分の体と向き合うことから始めてください。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.