原因

肋間神経痛はお酒が原因なの?飲みすぎで悪化する?

更新日:

お酒は適度であれば百薬の長ではありますが、『大人は飲むもの』的な風習から大量にお酒を飲むのが普通になっているような現代人はデメリットを多く抱えています。

アルコールは長期間大量に摂取すれば内臓に負担を掛けたり、依存症になる事もあります。学生がお酒を大量に飲み急性アルコール中毒で死亡する事件もありました。

お酒は神経にも大きな影響を与え、治るものさえ治りにくくしてしまいます。お酒を飲みすぎて肋間神経痛になるとは思えませんが、神経に損害を与えるお酒を飲み続ける事で肋間神経痛を引き起こす原因を作り出す事も考えられるのです。

スポンサーリンク

肋間神経痛はお酒の飲みすぎが原因?

お酒を飲むと楽しい気分になったり、陽気になる人は多いと思います。リラックス効果を得ることでストレスを解消する事も出来ますね。

お酒を飲むと神経伝達物質の『ドーパミン』分泌が盛んになりどんどん気分が浮き浮きします。

ドーパミンは、好きな音楽や映画を観たり、遊んでいる等の興味がある行動をすると分泌される神経伝達物質で、お酒により普段より多く分泌されると感情の抑制が効かなくなります。

 

通常はドーパミンと同時にGABAが分泌されるので、楽しくても冷静な判断が出来ますがお酒を飲むことでこれが鈍ってしまいます。多少のお酒は、セトロニン分泌も高まるのでストレスを抑えてアドレナリン分泌も抑制してくれます。

ところが大量にお酒を飲み続けると、ビタミンが奪われてしまうなど身体の代謝の働きが悪くなります。

脳にも影響を与えると共に『アセトアルデヒド』という物質が増えるので神経を刺激してしまい、肋間神経痛の症状が重くなったり急に肋間神経痛になってしまう事も考えられます。

肋間神経痛を引き起こすアセトアルデヒド

お酒を飲みすぎると二日酔いになります。アセトアルデヒドは、二日酔いの原因であると共に神経を刺激する物質なので『お酒を飲むと神経痛が痛む』というのは本当なのです。

二日酔いになる程に飲まなくても、代謝が低下してアルコール分解が出来なくなれば、アセトアルデヒドは当然ですが身体に残りじわじわと神経を刺激します。

肋間神経痛が何度も起こるような人はお酒を控えたり、量を決めて『美味しいお酒を楽しむ』事をやってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

血行が良くなるのに肋間神経痛になる

神経痛は筋肉のハリやコリ、そして血行不良が原因でも起こります。お酒は適量であれば身体を温めて血行促進にも役立ちますが、大量に飲みすぎると血管そのものが脆く弱くなります。

お酒のつまみは、高脂肪、高カロリー、高塩分と身体に良くないものがオンパレードです。お酒と同時に身体に入れば、肝臓で中性脂肪が作られるだけでなく血管が収縮しドロドロした血液が流れることになります。

どんなに健康によい食事を食べていても、お酒が過ぎれば全てが台無しです。

 

血行が悪くなれば、筋肉も硬くなりハリやコリへと繋がります。肥満や食生活が偏る人だけでなく、痩せていてもお酒を浴びるように毎日飲んだり、運動もせずに甘いお菓子を食べて喫煙していてはどうなるでしょうか?

血管は益々ボロボロになり、神経を痛める要因になります。お酒を飲む人は『ストレス解消』が目的で『お酒を楽しむ』事を忘れているのではないでしょうか。

肋間神経痛にならないためには、楽しいお酒を適量で

お酒は食事を楽しむため、家族や恋人との団欒の一時を楽しむために飲むものです。

我を忘れる程に飲んだり、呂律が回らなくなる、倒れ込むまで飲むのはお酒を楽しんでいない証拠です。

美味しい・楽しいと感じる程度であれば、肋間神経痛であっても飲んでも構わないと思いますが『痛みを忘れたい』『ストレスが原因ならお酒で解消したい』と考えるなら、いっそ断酒された方が得策です。

まとめ

肋間神経痛が辛いときや、痛みが強いときは治まるまで控えるなど自分の状態でお酒をコントロールする事が何よりも大切な事。肋間神経痛を機会にお酒の付き合い方を考えてみてください。

-原因

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.