治療

肋間神経痛をツボで改善!自分で簡単5つのツボマッサージ

更新日:

辛い肋間神経痛をなんとか自分で治せたら・・・誰もがそう思うはずです。

胸や背中、脇腹にズキズキ、チクチク痛むのは本当に堪らないもの。マッサージ店や鍼灸でもツボを刺激してもらい肋間神経痛を改善できます。

他人にやって貰うのは気持ちが良いものですが、時間のないときには自分でツボを刺激して痛みを抑えていきましょう。

 

肋間神経痛にはツボ?マッサージすると良いことばかり

体にはたくさんのツボがあり、ツボをほぐすことで自律神経のバランスを整える事が出来ます。

ストレスを感じると、交感神経が優位になり常に興奮状態になりますから体も緊張が続きます。ツボで自律神経のバランスを取ることで、副交感神経が働き睡眠がしっかり取れたり、気持ちがリラックスできます。

心身のバランスが取れれば、多くの肋間神経痛は改善出来るのです。

スポンサーリンク

肋間神経痛の自分で押せる5つのツボを紹介

仕事中の休憩時間や、家事の合間に出来るツボを紹介していきます。ツボは力を入れずに軽く押すようにし、気持ちと体をリラックスさせましょう。

げき門

前腕の内側の中心部にあるツボです。色んな症状に効果のあるツボですが、親指でグッと押して気持ちがよい程度にします。喘息や息切れや動悸にも効果があり気持ちを静める効果も期待できます。

中府

鎖骨と肩の関節の間の窪み辺りにあるのが中府です。

押すと痛みがあるので解りやすい場所で、肩こりや背中のこっている人は痛みが強く現れます。親指で押し込むようにすると気持ちが良いのですが、左右同時に行うと効果も早く現れます。

肩を揉むように親指で同時に押して貰えるなら、家族にでも頼んでみましょう。

けつ盆

鎖骨の上の窪みの真ん中で、胸の痛みに効果の高いツボになります。

人指し指と中指を同時に押し込むように刺激をすると、首から肩の血液の流れが良くなり筋肉の収縮を抑えていきます。

段中

左右の乳首を結んだ線の真ん中に当たるツボです。こちらは強く押すのではなく、手のひらで優しく押します。心臓に問題のある場合は避けた方が良いでしょう。

神封

こちらも乳首の線を結んだ場所で、指を縦に3本程真ん中にあります。指で左右をゆっくり押すと効果があり胸の痛みを取り去ります。

スポンサーリンク

肋間神経痛のツボは優しく刺激をしましょう

体にはたくさんのツボがあり、肋間神経痛に効果のあるツボはたくさんありますが、刺激を強く与えたり間違えたりすると危険です。

力はゆっくりと優しくが一番で、効果が現れないようならマッサージや鍼灸医院などでやって貰うのが一番確実でしょう。特に痛みが強い場合には、骨折が原因であったりもするので無理をせずにプロに任せましょう。

 

まとめ

肋間神経痛には、色んな原因がありますしツボだけでは改善できない心因性のものがあります。

痛みがあるのであれば、診察を受けてしっかりと治療を行っていきます。その延長戦にツボマッサージがあるわけですから、それだけで治るわけではありません。

自分の原因と向き合い、ツボを上手に利用して快適な生活を送れるようにしていきましょう。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.