症状

肋間神経痛にロキソニン?知っておきたい2つの副作用!

更新日:

ロキソニンは鎮痛剤として病院でも主に処方されます。

最近ではドラッグストアでも購入が可能になり、色んな痛みを抑える薬として広く使われています。

炎症を抑える効果もあるので、肋間神経痛にも非常に良いと言われますが、この肋間神経痛をロキソニンで治すことは出来るのでしょうか。

 

肋間神経痛にロキソニンは効果がある?

神経痛は非常に面倒な症状で、神経痛が傷む事で起きたり何等かの圧迫で刺激を受けると起きます。

一般的に痛みを抑えて炎症を取り去る意味ではロキソニンは高い効果を現しますが、消炎鎮痛剤が効かない神経痛も中にはあり100%効果的とは言いがたいようです。

スポンサーリンク

肋間神経痛になぜロキソニンが処方されるのか

肋間神経痛自体が原因の特定が非常に難しく、骨や筋肉に異常がなく痛みが強い場合にはロキソニン処方で経過を観察する治療が行われます。

早くに痛みを抑えられるので、日常生活に支障があるような痛みがある場合にはロキソニンで痛みを抑えて、動きが制限されないようにするのです。

医師もロキソニンで肋間神経痛が完全に治癒するとは考えておらず、炎症を抑える事で痛みが和らぐのであれば軽度で問題ないと判断するからです。

 

ロキソニンを処方しても一時的な改善しか見られなかったりする場合には、抗うつ薬・抗精神薬・抗痙攣薬が処方される事もあります。

肋間神経痛治療に、このような薬が処方されることは少なくないようで、ロキソニンでは痛みが治まらない場合には医師の判断で薬を変えることがあるのです。

 

ロキソニンの副作用を知っておこう

病院処方される場合には、「痛みが治まらないなら○回まで飲めます」とか「飲む時間は○時間開けてください」と説明されます。

元は病院専門の薬として処方されたロキソニンは痛みを抑えますが副作用もあるので注意が必要なのです。

胃腸障害

ロキソニンだけでなく、薬で胃腸の調子が悪くなる事はあります。

喘息の人は悪化したり、胃が荒れたり穴が空いてしまう事もありますので決められた量以外は絶対に飲んではいけません。痛かったら飲むのではなく、あくまでも痛みを抑える為に飲む事を忘れずに。

 湿疹やかゆみ

ロキソニンの成分で希に湿疹やかゆみを感じる場合があります。

アレルギー体質の場合、粘膜や皮膚に何等かの症状が出やすくなり、赤くなり湿疹が出たり、唇回りが腫れる、皮膚が痒いが見られたら服用を止めて医師に相談してください。

 

肋間神経痛によりストレスを感じたり、体調が悪かったりすると免疫低下により薬の作用が強く現れます。痛みが治まっても、違う症状が現れるのであれば服用をやめるか薬を変えるかになります。

どちらにしても医師に相談して決めることになるので、他の薬で代用しないようにしてください。

 

おわりに

病院だけでなく市販で簡単に手に入るロキソニン。

あくまでも肋間神経痛の経過を見ながら適した治療をすることが体の為でもありますので、素人判断ではなく医師にきちんと症状を報告するのも大切です。

ロキソニンだけが治療薬ではありませんので、副作用が出たらすみやかに服用を止め別の角度から肋間神経痛を見ることが必要なのです。

-症状

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.