体験談

交通事故で肋間神経痛の悪夢!2ヶ月苦しむことに!

更新日:

現在40歳の男性会社員のT.Kです。

きっかけは交通事故

去年起こした交通事故が負傷がキッカケで肋間神経痛に苦しみました。

肋間神経痛に起こした交通事故の怪我ですが、シートベルトをしていたおかげで大きな怪我はなかったんです。

しかし右胸の肋骨にヒビがはいってました。

初日は右胸以外の部分も傷みましたし、アドレナリンが出ていたからか肋間神経痛のことはきになりませんでした。

どちらかというと日が経つに連れ症状がひどくなっていったような感じです。

スポンサーリンク

呼吸すると胸の奥に違和感

最初の違和感は呼吸です。

小さく呼吸をしてると感じないんですが、深呼吸のようなお腹から息をするような感じの深い呼吸をすると胸の奥が痛みました。

これが次第に吸おうとすると痛みを発するようになったんです。

例えばジュースをストローで飲もうとしたり、スープをすすろうとしたり、うどんやそば、スパゲティン等の麺類を食べようとすると胸が痛むんです。

これだけなら食事内容に気をつける、ストローでジュースを飲まない、温かいお茶を飲まない等の工夫でなんとかなったんですが、咳をするようになったのが肋間神経痛のピークでした。

激痛で我慢できず整形外科病院を受診

咳をすると体の内側、背骨から腰にかけてものすごい激痛が走るんです。

 

頭が真っ白になるような痛さです。

軽い咳払い程度でも強烈な痛みがしますし、すぐ整形外科病院で診てもらいました。

先生の診断結果は、我慢してもらうしかないってことでした。

咳をしないように咳止めと、痛み止めのロキソニンを処方してもらいました。咳止めの薬はかなり助かりましたが、痛み止めはまったく効果がありませんでした。

咳止めの薬も効いてるうちにはいいですが、睡眠中に切れた時が大変です。寝てる時に咳をしてその痛みで目が覚めるってことが何度もありました。

特に風邪を引いてるわけでも、咳自体そんなにする方ではなかったのですが交通事故での打ち身が関係していたんじゃないかなって思います。

スポンサーリンク

肋間神経痛の痛みは1か月

この一番ひどい時の痛みは一ヶ月ほど続きました。

この期間はろくに寝られませんでしたし、寝るのが恐怖と感じてなかなか寝付けませんでした。

一ヶ月後も痛みはありましたが、咳をしても我慢できる程度まで下がってました。

肋間神経痛の症状が無くなるのに2ヶ月ちょいぐらいかかりました。ちょうど肋骨のヒビが治った頃です。

この2ヶ月間仕事を休ませてもらい、安静にしていたから治りも早かったのかもしれません。
が、どちらにしろ肋間神経痛を抱えたまま仕事は出来なかったと思います。

お医者様からも適切な治療を施してもらえませんでしたし、時間で解決するしかないんだと思います。

それ以降再発はしてませんが、また胸を強打したりすると再発するかもって思うと今でも恐怖を感じます。

-体験談

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.