背中

肋間神経痛で背中が痛い?姿勢の悪さで筋肉が収縮?

更新日:

背中の痛みにも色々とあり、こりから酷く痛んだりズキリと痛むものまであります。

背中のぎっくりとも言われる肋間神経痛により痛みが走る事も実はあるのです。

スポンサーリンク

背中の痛みと肋間神経痛

背中の痛みに合わせて、それ以外にも症状が現れるのが特徴です。

まず肋間神経痛は、肋骨の間を走る知覚神経の肋間神経痛が、刺激や圧迫により痛む症状を言います。原因は風邪であったり帯状疱疹、骨折や心臓の病気にストレス等があげられますが、肋骨の近くに痛みがあることが特徴です。

 

胸に痛みが現れたり、呼吸をすると痛い等「胸を使うと痛い」事が殆どですが、この肋骨の間の神経が圧迫されると胸と並んで背中にも痛みが走ります。

椅子や車に座っていて体を捩ったり、顔の上げ下げが背中の痛みに現れることが多く、肩甲骨の内側が突っ張るようになり痛みへと変化します。

 

この背中の内側の痛みは、肋間神経が筋肉や骨にぶつかり起こるもので、首を回したり背中を伸ばすと強い痛みを感じるようになります。

 

胸が痛むだけが肋間神経痛ではありません

だいたいは胸の辺りがチクチクしたりズキンと痛くなるので、「心臓の病気かも」と不安にあると思います。肋間神経痛は肋間から脊髄を通り背中や肩甲骨の背面や側面に現れます。

心臓の病気になると、雑巾で絞るように痛むので「広範囲」や「部分的」にある動作をすると痛むのは肋間神経痛と考えて間違いありません。

脇の下やわき腹辺りに痛みを感じる人は背中にも痛みを感じやすいようです。

スポンサーリンク

背中にどうして肋間神経痛が現れるのか

背中が痛くなる原因として、姿勢の悪さやこわばりがあげられます。

パソコン作業が長い人やスマホを使う人は、肩こりだけでなく首から背中までこりが酷くなります。肋間神経痛の原因は色々ですが、神経が障る原因としては「筋肉の収縮」があげられます。

常に体が緊張している動作を続けていると、肩から背中にかけての筋肉が固くなります。この事で、肋間神経が刺激され痛みを発するのです。

 

姿勢の悪さから背中に肋間神経痛が現れる

猫背は、首から肩、背中が前に倒れてしまうので筋肉が全体的に曲がって引っ張られます。

胸を張ると背中や肩甲骨の筋肉が引っ張られて楽になるのですが、長い緊張状態により脇から肋間神経がこの筋肉に触ると痛みが背中に現れてしまいます。

最初から背中に出ることは少なく、肩こりが酷くなり背中が重くなっていくと、何かの拍子で背中に激痛が走ったりチクチク痛みを発します。背中を捩った時に、ビシッと痛みが走るのも肋間神経痛です。

 

背中の肋間神経痛を緩和するストレッチ

背中が丸くなればなるほどに神経を触るので痛みが増します。普段から背伸びをしたりストレッチやラジオ体操で背筋を伸ばしておきましょう。

 

まとめ

根本的な筋肉のこりを解す事が一番大切です。

肋間神経の通り道である脇から肋骨と背中をゆるめるのが肋間神経痛を軽くするはや道です。

ちょっとした時間に、脇から背中、肩甲骨を伸ばしてしなやかな筋肉を作れば痛みだけでなくストレス解消にもなりますので試してみてください。

普段のちょっとしたストレッチで背中の肋間神経痛の改善に繋がるのです。

-背中

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.