治療

肋間神経痛が治るまでの期間は?早く治す意外な方法とは?

更新日:

辛い肋間神経痛は1日でも早くに治したいものです。ところが、この肋間神経痛には色んな原因があり、それにより完治するまでの期間は様々なのです。はっきりとした期間が解らないとなると本当に辛いですね。

痛みを感じる期間を少しでも短くする為に何をすれは良いのでしょうか?

スポンサーリンク

肋間神経痛が治るまでの期間がハッキリ

ストレスが原因の場合には、そのストレスが無くなれば痛みも治まりますが、どれくらいの期間かは個人差があります。ですが帯状疱疹となると、痛みのピークが治まると目処も立ちやすいと言われているのです。帯状疱疹も引き金は、ストレスや疲労ですから発症するまでに肋間神経痛があります。

ピークは発疹が出てから2週間で、湿疹自体は1ヶ月程ですから2週間我慢すると治まる事が多いです。中には帯状疱疹が完治しても肋間神経痛だけは残る場合もあるので、期間としては半年を目安に体の回復をするのが良いでしょう。

骨折による場合も、骨折が完治すれば治りますが、体の疲労や免疫の低下具合では3ヶ月程の期間は何かしら痛みを感じるようです。

 

肋間神経痛の痛みの期間を短くする為に

出来るだけ、痛みを感じる期間は短くしたいものですから、しっかりと治療を行うことが先ずは第1条件です。痛みの原因を追求して、正しい治療をすることで回復するわけですから痛いのを我慢していてもいけません。

ストレス性であれば、痛みを取り去る治療とともに整体やカイロを利用したり、鍼灸治療で体の緊張を取り去るようにするのも大切な事です。

 

痛みがあれば気分もスッキリしませんから、ストレスの上乗せになってしまいます。先ずは、ストレス溜めないことや免疫力を高めるように自分自身が立ち上がるべきてはないでしょうか。病院では痛みの原因が治せるもの、治せないものがあります。

治せるものは病院で治療を受けて出来るだけ短い期間で治すべきですし、病院の治療だけでは痛みが長引くようであればリラックス出来るような時間を作ったり、運動や趣味に打ち込んでみたりするのも良いと思います。

 

肋間神経痛は病院だけの治療では治りにくいもので、個人の気持ちの持ちようやストレス解消で以外に治ってしまったと言う話もあります。痛みに気を取られないように過ごすことも治療の1つです。

スポンサーリンク

肋間神経痛の期間を短くするには、旅行や山登りが効果的

呼吸で肋間神経痛が治るとも言われるように、綺麗な空気をたくさん吸って体の中に取り込むのもストレスを緩和し、普段は浅くなりがちな呼吸を見直す事にもなります。旅行や山登りで自然に触れることで、体の緊張が解れリラックス効果も高いはずです。

生活を見直す事が、肋間神経痛の痛みや症状の期間を短くするものですから、自分に最良な方法を見つけましょう。

 

終わりに

確実な期間は解らないので、確実な事は言えませんが生活習慣を見直したり食事でも改善の余地はたくさんあるはずです。悩むよりも行動に移して、早期に痛みから解放される事が一番良いと思います。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.