治療

肋間神経痛に効く市販薬は3つの特徴で選択!

更新日:

肋間神経痛の症状が毎日出る人もいれば、忘れた頃に痛む人もいます。

病院にいくほどでもない軽いものなら、市販薬で抑えたいもの。飲むのか貼るのかも症状によりけりですが、少しでも痛みを抑えられる市販薬を紹介してみます。

肋間神経痛の痛みを内側から治す市販薬

痛みを抑える薬としてはポピュラーな内服薬は、鎮痛や消炎効果があるので、鋭い痛みに効果的です。

女性の場合には、生理痛や頭痛の改善に普段から飲んでいる内服薬があると思います。特に副作用がないのであれば、それでも構いませんし「ロキソニン」は病院でも処方される鎮痛剤でドラッグストアで購入も出来るので効き目も一番良いと思います。

アレルギー等の持病がある場合には、医師に相談するか病院で処方してもらう方が確実です。

スポンサーリンク

肋間神経痛の痛みに漢方薬

市販薬に漢方薬もあります。肋間神経痛に効果のある漢方薬も市販されていますが、どのような漢方薬が良いかは薬剤師に聞くか調べる必要があります。病院でも漢方薬を処方するところもあるので、病院で処方してもらうのも方法ですね。

肋間神経痛に効果のある漢方薬も体質や症状の強さにより変える必要がありますし、体質を改善して治すのが目的ですから「即効性」は求めないようにしましょう。

 

肋間神経痛の体質改善にサプリメント

漢方薬と同じで「体質を改善」することで、血行を良くして肋間神経痛が起きにくい体にする目的で使います。

血行の悪さや血液の汚れは、食事や生活習慣での改善になりますし、新陳代謝の低下によりデトックスが上手くいかなくなると神経にも栄養が運ばれずに肋間神経痛の原因にもなります。

食事だけで改善できないような栄養の偏りをサポートするサプリメントも市販薬と考えて良いと思います。

 

市販薬のように即効性はありませんが、飲み続ける事で体の調子を正常にしていきます。特にビタミンEは血行の改善に効果的ですし代謝を高める効果も充分にあります。

イチョウ葉のサプリメントも血液の循環を良くしたり、サラサラ効果もありますし、にんにくサプリメントもお勧めです。お茶やサプリメントは薬ではありませんが、市販で簡単に手に入れられますから、このようなものも利用すると肋間神経痛の改善に役立ちます。

オススメのにんにくサプリメントは「三黒の美酢」です。理由は発酵・熟成させた黒にんにくに『黒酢』『黒卵黄油』『DHA・EPA』を配合しているからです。にんにくを毎日調理するのは正直大変なので、確実に毎日取得したいならサプリが最適ですね。

スポンサーリンク

 

肋間神経痛の気分を和らげるアロマテラピー

アロマテラピー専門のマッサージ店もありますが、自分でオイルを購入してマッサージにしたり浴槽に入れて副交感神経を刺激してリラックスするのも、市販薬の効果を高める1つです。

ハンカチにオイルを数滴たらしてカバンやポケットに入れておくと仕事中も体をリラックスさせられます。

 

おわりに

市販薬は痛みを抑える効果がありますから、辛い症状を即座に改善出来ますが根本的なストレスや体の緊張を取り去る事は出来ません。

この様な場合には、市販薬の中でも長期的に飲むことで体に負担を掛けない漢方薬やサプリメントを上手に使いましょう。

肋間神経痛を完全に治す市販薬はないのですが、自分の原因に合わせたものを利用する事により症状は劇的に改善していきます。痛みだけを市販薬で抑えるよりも確実な事は間違いないでしょう。

-治療

Copyright© 肋間神経痛Labo , 2018 All Rights Reserved.